1. トップページ
  2. 理系向きの子供の性格、特徴、興味は?

理系向きの子供の性格、特徴、興味は?

・物の構造や仕組みに興味がある
・人より物に興味がある
・信念を曲げない子が多い
・数字に興味がある
・人とのコミュニケーションが苦手
・魚、虫、動物、宇宙に興味がある
・図鑑が好き
・パズル、ブロックが好き
・人体模型系のおもちゃが好き

人より物への興味が強く、物の構造や仕組みに興味がある。自然、動物、虫への関心が強い。1つのことに熱中する特徴がある。

理系向きの子は、人より物に対しての関心が強いようです。しかも、物そのものというより、その物がどうやって出来ているかなど、物について掘り下げた考え方をすることが多いみたいです。
そのため、車のおもちゃと人形を使って、どこかへお出かけさせるような「物語を作る」感じの遊びをしているなら文系、車のおもちゃをバラバラにして中身がどうなっているかを見ているなら理系、と考えても良いかもしれません。

それから、理系向きの子は「ひたすら、そのことに夢中になる」場合が多いみたいです。文系の子が、人の反応に興味を持って柔軟におしゃべりしたり、やり取りを楽しむのに対して、理系の子は黙々と図鑑を見たりと、関心のあることにだけ集中したいタイプが多いようです。
そのためか、自分の信念を曲げないタイプも理系向きに多いようです。人に何かを言われて、その意見を柔軟に受け入れて考える文系に対して、とにかく1つのことに夢中になるのが理系。子供が頑固で自分を曲げないなら理系に進むタイプなのかもしれません。

興味や関心で言えば、数字・生き物・パズル・自然が好きな子。それから、工作で何かを夢中で作るような子も理系向きです。
でも、小さい頃にそれらに夢中になっても、必ず理系に育つとは限りません。最終的には、学校に入ってからの勉強(特に算数)との相性によって、理系が得意になるかどうかが決まってくるみたいです。