1. トップページ
  2. 女の子は理系に進むと苦労する?リケジョの将来はどんな感じか?

女の子は理系に進むと苦労する?リケジョの将来はどんな感じか?

・職場に女子が少ないので、職場環境が悪い
・専門職が多いので、給与が高い
・人数が少ないので就職しやすい
・結婚後も職に困らない
・女子が少ない職場に就職するので、モテやすい

男性中心の職場に入る可能性が大きいので、環境的に働きにくいことがある。ただ、女性が少ない分モテやすい。

給与が高く、長く続けられる仕事が多いので、結婚後も職に困らない。

理系の仕事というと、食品メーカーや化粧品メーカーの研究員。建築、機械、医療関係など様々にあります。
理系の何が良いかと言えば、専門的な職種が多いので就職がしやすいこと。文系のように1つの仕事に沢山の応募者が来る状態とは違い、企業から重宝がられて仕事に就くことも多いみたいです。

最近では理系女子も増えたので、就職する上で男女どちらかが不利になることが少ないようです。ただ、そんな今でも圧倒的に理系は男性が多いので、いざ就職しても男性中心の職場で勤めることがほとんどの様子。
そんな中に身を置くので、リケジョは一般的な女性と比べると出会いが多く、モテやすい面があるみたいです。大学や職場で、女性というだけでチヤホヤされることもあり、その辺では得です。
ただ職場環境としては、女性の着替える場所がなかったり、お手洗いが男女共同だったりと、女性への配慮が欠ける職場に働く可能性も高いようです。

給与が高くて仕事を長く続けていけるのは、やっぱり理系です。その分、職種によってはとてもハードなものもありますが、逆に薬剤師やレントゲン技師など、女性でも短時間で高収入を得られる仕事もあります。
結婚面では、一昔前までは「女性が家庭を大切にすること」を男性が大事にしていたので、キャリア思考のリケジョは結婚しにくい面があったと思いますが、今は違います。給与が停滞している今は、男性も女性が仕事をしていることを好ましく思っていますので、リケジョは結婚しやすくなったと言えます。

また仮に離婚したとしても、リケジョなら高収入を見込めるので、年配になってからも1人で生きていきやすいです。ですので、苦労するというよりは、むしろ利点の方がたくさんあるように思います。